ハムスターのその子は嵐の夜に我が家にやってきました

私がジャンガリアンハムスターであるその子に出会ったのは、夕暮れ時の近所のペットショップでした。わらわらと小さなケースに入れられて700円という破格のお値段で売られていましたが、売れ残ってしまうと、爬虫類のエサにされてしまいそうな気がして、思わず購入することを決意して連れて帰ることにしました。

その日は雨が降っていて、大嵐のようななか、濡れないようにと慎重になって家路についたことは今でも昨日のことのように覚えています。

出逢った時の気持ちとしては、某CMで昔放送されていたお父さんがペットショップのワンちゃんに一目惚れするというのと同じようなシチュエーションであり、本当に目が合ったというか、この子が私を選んだのではないかという運命的な出会いだったと思います。

だからこそ、私はその子のお世話をすることになったその日から、亡くなるまでずっと観察し、ともに生き、一生懸命愛情を惜しみなく与え続けてきたつもりです。

今、そのジャンガリアンハムスターは、すでに亡くなってしまいました。

 

それもハムスターとしては大往生である4歳になっていたこともあるので、今となっては仕方がなかったのではないかと思います。でも、じつは、亡くなる半年ほど前から、悪性リンパ腫であることを動物病院で指摘され、身体が小さいことから麻酔をかけただけで死亡してしまうリスクが避けられないからと、外科的手術だけは諦めたものの投薬とバランスの良い栄養満点の食事を出すことによって、ともに闘病生活をがんばってきたつもりでした。

病院も一件だけでなくいくつもの獣医さんによるセカンドオピニオンも受けてきましたし、病院に通院する際にも極力ストレスを与えたくないという理由から、家の目の前までタクシーを呼んで通っていました。一度タクシー運転手さんに、ハムスターのことを言うとびっくりされてしまったことを覚えています。

ジャンガリアンハムスターのその子との思い出は、いつだって驚きの連続でした。

 

はじめてハムスター飼育をしたのですが、こんなにも愛情を通わせることのできる動物であるということを初めて知りました。いつか別れの日が来ることは最初の出会いのときから分かってはいましたが、本当に切なくなってしまいしばらくペットロスを経験することになりました。

猫は愛情に満ち溢れた動物

つい最近まで、猫のことがあまり好きではありませんでした。なんというか、猫って愛想が無いでしょ。

自分勝手で、都合の良い時だけ飼い主にすり寄ってくる。

 

自己中とはまさにこのことで、だから私は猫が好きじゃなかったんですよね。とまあ、こんな感じで根っからの猫嫌いだった私ですが、最近になって猫が一番かわいい動物だと思えるようになったんです!

きっかけは、友人宅を訪れた際のことです。友人には2歳になる男の子がいるのですが、その男の子と、友人が飼っている猫との関係性がものすごくカワイイんです!なんというか、まるで自分の子どもかのように、優しく見守っているんですよね。男の子が昼寝している横で、その猫も一緒になって眠っている姿は感動そのものです。

猫って実は愛情にあふれた動物なんですね。

 

そのあたりのことを、今回まざまざと実感しました。ちなみにですが、男の子が時々寝返りを打って、猫に体ごと乗っかかることがあるのですが、その際、猫は微動だにせずに、そのままの姿勢を保っています。普通、自分の体よりも大きなものが乗っかかってきたら、逃げますよね。でも、その猫は、男の子を起こしてはいけないと感じたのでしょうか、まったく身動きをとらないのです。

友人曰く、毎回こんな感じだそうです。もちろん、これでは猫がかわいそうなので、そっと男の子を元の位置に戻すのですが、この段階でもその猫は逃げていこうとしません。相変わらず、優しい顔で男の子を見守っています。

あとはそうですねえ、その男の子が泣き出すと、どこからともなくやってきて、「どうしたの?」みたいな感じで、顔の辺りをペロペロとしているんですよね。その光景はまさに子供をあやすお母さんそのもので、改めて猫の母性であったり愛情であったりを実感しました。

どうですか?この男の子と猫の関係性、すごいと思いません?この光景を見て、一気に猫のファンになった私。今では動物の中で間違いなく猫が一番好きです。ちなみに、友人の猫が特別人間慣れしているのかな?と思って、動画投稿サイト色々と検索してみましたが、こういった対応をする猫は意外と多いようですね。どこのご家庭も、小さなお子さんがいれば、まるで自分の子供の用に優しく接しています。

野良猫を保護することに決めたときから早9年

私がその野良猫であった子と出会ったのは、地元の駅周辺の営業が終わったあとの飲食店の出すゴミをあさっているネコがたくさんいるということを知っていたためです。その日も、家族を迎えに駅前まで行くと案の定ゴミを漁るネコたちの姿を目にしました。

その頃、野良猫の殺処分が進んでいるということを知っていたこともあり、できれば殺処分前のネコを引き取りたいということを地域の環境課で相談したこともありましたが、私が独身であり、家族も含めてネコを飼育した経験がないということから拒絶されてしまったこともあり、私は実際に自分で保護するしかないと思っていた矢先のことでした。

出逢った時の気持ちは汚いネコだなと思うくらいであり、実際に連れて帰ってからいろいろと分かることがあってびっくりしてしまいました。まずは、身体を綺麗にしてあげたのですが、目やにがついていて、目も瞬膜突出して視界が狭くなっていることがわかりました。

子猫であるのに、缶詰を与えるとがっつくし、皮膚にも炎症がありました。

翌日、獣医さんのところに連れて行くと、ノミやダニだけでなく、お腹の中に回虫や寄生虫もいるとのことで、虫下しをいただき、少しずつ健康面でのサポートとそれに効果的であるといわれる高栄養の食事を与えることにしました。

すると、みるみる内に元気になってくれ、最後に予防接種などを受けて病院も卒業することができました。と、思っていると、子猫ではあったものの、オス猫でしたので、今度は去勢手術を施さねば、スプレー行為という行動に出たり、行方不明になってしまったり、猫自身もストレスを感じやすくなるということで、費用をかけて施術してもらいました。

そして今、そのネコは推定年齢9歳となり、立派な家猫として我が家で暮らしています。もともとが野良猫であったとは思えないようなのんびりした子になってくれましたが、お迎えした当初、恐怖に恐れおののいたようにして、部屋の片隅に身を隠していた姿は今でもまぶたに焼き付いています。サイズも、最初から比べて倍以上に大きくなりましたし、もともとキジトラという色味だったこともあってか、年とともに黄ばんできているようにも見えますが、大好きであることには変わりありません。

今までと同じように、これからもこの子とともに思い出をたくさん作っていければいいなと思っています。

ペットとして飼われているクジャクを眺めるのが楽しみになった仕事帰り

住んでいる場所が程よく田舎で、メイン通りから一歩奥に入ると長閑な住宅街と大きな畑や田んぼが広がっています。夜は外灯が少なくて歩くのが怖い道も多いのですが、のんびりお散歩するのにはちょうどいい自然豊かな風景が楽しめるところです。

引っ越してきてから驚いたのは、都会に住んでいた時にはまず遭遇することがなかった動物がそこかしこにいるところでした。

ですから、畑の中にクジャクを発見した時にはかなり驚いたものです。

 

私の中にあった固定観念として、クジャクは動物園にいるものと思い込んでいたこともあって、野生なのかはたまた飼われているのか、立派な羽を広げて優雅に歩いている姿を見かけた時にはただただあっけに取られました。あまりにも驚いて、帰宅してから家族にも伝えたのですが信じてもらえず、ネタにしても面白くないと馬鹿にされたほどです。

私自身信じられなかったくらいですが、気になって仕方がなかったので、仕事帰りにあえてそのクジャクと遭遇した田舎道を通ることが習慣になりました。

また出会ったのはそれから4日後です。

 

今度はその畑の持ち主であろう老人となにやら散歩をしている様子で、どうやらペットとして飼われているものであることが知れました。この時点でクジャクをペットにできることを知らなかったので、家に帰ってネットで調べてさらに驚愕したものです。

それからというもの、時には畑の持ち主のご自宅にあるゲージの中にいるクジャクを見かけたり、ご飯中のクジャクを眺めたり、時には2、3mという至近距離で遭遇して思わずスマホを取り出しベストショットを撮ることができたりと、つかず離れずクジャクの様子をチェックするのが楽しみになりました。近くで見た際によくよく確認してみると、鋭い蹴爪はちゃんとカバーがされていて、ご近所に住んでいる子ども達にもなるべく近づかないように声をかけている様子も見られ、安全に大切に飼われていたようです。

あれから数年、しばらくクジャクを見かけることがなくなってしまったなと心配していたところ、よく歩いている私のことを飼い主のかたも認識していたのでしょう。声をかけてくださり、クジャクは25年生きて天寿を全うしたということを教えてもらいました。畑の中で非常に目立っていたあの派手な身体をもう見かけることがないのだと思うと、少し寂しいです。

大事な家族です

私がミニチュアダックスフンドのタロと出会ったのは、14年前でした。
とあるブリーダーさんのところで、たくさんいる子犬の中で一際小さく、弱弱しく動いていました。

一緒に行った母は、別な元気な子を購入する予定だったのですが、私はその子からどうしても目が離せず、結局その子を我が家へ迎え入れることになりました。

ミニチュアダックスフンドを飼うのは初めてで、本当に小さくてかわいらしく、私が抱っこすると小さく震えていました。

絶対大事にしようと、その時心に誓いました。

 

あんなに弱弱しかったのに、我が家へ到着すると、元気いっぱい!はしゃぎまわっています。兄弟が多くて動きにくかったのでしょうか。
食欲も旺盛でよく食べ、ボール遊びも大好きでした。
散歩も大好きで、一度外へ出ると、なかなか帰ろうとせず、散歩が1時間ということもよくありました。

ミニチュアダックスフンドはあまり散歩をさせなくてもよいと聞いたことがあったのですが、我が家は散歩をしない日がないくらいでした。おかげで、家族も体力がつきました。

タロは、とにかく甘えん坊で、家に誰かがいるときは、必ずその人にくっついていました。

特に母に対しての執着がすごいです。

特に大きな病気もせず、どんどん成長していきましたが、6歳の頃、歯周病にかかってしまい、ほとんどの歯を抜かなくてはいけない事態になってしまいました。かわいさのあまり、時々人間のおやつをあげていたのが原因です。

3度ほど入院し、ほぼすべての歯を抜きました。命の危険はなくなりましたが、歯がないということは、タロの楽しみである食事に苦労をかけさせてしまうということと同じです。少し柔らかくすることで食べることはできましたが、人間の不注意で本当にかわいそうなことをしました。

タロは、現在も元気に外をかけまわり、10歳を過ぎているにも関わらず、ボールを投げると全力疾走で追いかけていき、歯のない口で咥えて持ってきてくれます。

タロは、黒い毛の犬ですが、最近は、それに白い毛が混ざってきており、それを見ると確実に老いてきているということを実感させられます。
いつまでも、我が家の大事な家族の一員として、元気いっぱいのまま過ごしてほしいです。